教育研修のご案内

 マネジメントシステムセミナー 
 個人情報保護マネジメントシステムコース

 「個人情報保護マネジメントシステム−要求事項」 -JIS Q15001:2006-

▲マネジメントシステムセミナーのコース一覧に戻る
参加のおすすめ
 個人情報の漏洩など、顧客の信頼を損なう問題が相次いで発生する中、個人情報の管理体制の整備が社会的課題となっています。「個人情報の保護に関する法律」いわゆる“個人情報保護法”が2005年4月に全面施行になり、個人情報取扱事業者に対する義務が発生しました。しかし企業は未だ対応に苦慮しているように見受けられます。

 そのような中、法施行後の2006年5月にJIS Q15001が「個人情報保護マネジメントシステム−要求事項」として改正されました。本規格は、個人情報保護法や関連ガイドライン等への対応を基礎としながら、企業に一定水準での対応を求める仕組みを示したマネジメント規格です。また関心の高まっているプライバシーマーク制度の認証基準にもなっています。

 本セミナーではJIS Q15001:2006を企業にとって有効に活用できるよう個人情報保護法・プライバシーマーク審査との関係を分かりやすく解説いたします。講師は2006年版の改正にあたり、JIS原案作成委員として携わっていただいたお二人です。


対 象
  • 個人情報を取り扱う管理責任者・実務者
  • マネジメントシステム管理責任者

参加費
  • 維持会員: ¥ 28,350  <税込>
  • 一  般: ¥ 31,500  <税込>
  • ※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。

会 場
  • 日本規格協会 本部ビル

講 師(敬称略/講義順)
  • 鈴木 正朝【新潟大学大学院 教授 実務法学研究科】

    JIS Q15001改正原案作成委員会委員。経済産業省 個人情報保護ガイドライン検討委員会委員。「これだけは知っておきたい個人情報保護」(共著 日本経済新聞社)、個人情報保護マネジメントシステム要求事項の解説(共著 日本規格協会)など著書多数。

  • 鈴木 靖 【株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長】

    JIS Q15001改正原案作成委員会委員。経済産業省 個人情報保護ガイドライン検討委員会委員。特定非営利活動法人 個人情報保護有識者会議 副理事長。その他に個人情報に関する省庁、学会の委員に多数就任。個人情報に関する著書多数。


プログラム
時間 講義内容
10:00〜12:30
講師:鈴木 正朝
「JIS Q 15001活用のポイント−個人情報管理から情報管理へ」
 JIS Q 15001の要求事項をそのまま適用したのでは,円滑な社内運用は困難であることが多い。同様に「個人情報」のみに特化したマネジメントシステムにも問題があります。従来からあるヒト・モノ・カネに関する基盤的マネジメントシステムの上に,新しい経営資源である「情報」マネジメントシステムを構築し、さらにその上に、特則としての「個人情報」マネジメントシステムを構築するということです。そのためには、どのように要求事項を解釈していくべきか確認します。

 また、個人情報保護法とJIS Q 15001の違い。特に「手順」というプロセスマネジメントの考え方を図解で説明し、具体的にどのような帳票、社内体制を設計すべきか、いくつか事例をあげて解説したいと思います。

13:30〜18:00
講師:鈴木 靖
「JIS Q 15001に基づく個人情報保護マネジメントシステムの構築の留意点とPマーク取得更新のポイント」
 JISQ15001改正の背景から要求事項の逐条に沿ってプライバシーマーク審査に対応できるよう解説いたします。
  1. JISQ15001改正の背景
  2. 概論
  3. 準備を進める際の必須事項
  4. PLAN(計画)段階での必須事項
  5. DO(運用)段階での必須事項
  6. CHECK(点検)段階での必須事項
  7. ACT(見直し)段階での必須事項
  8. プライバシーマーク審査 指摘事項の例

※都合によりプログラム内容を変更する場合がございます。あらかじめご承知おきください。
※質問は講義中、随時お受けいたします。