教育研修のご案内

 ISO9000セミナー   ISO9001:2008要求事項解釈コース

▲ISO9000セミナーのコース一覧に戻る
参加のおすすめ
 

 ISO9001とは、組織の品質マネジメントシステム(QMS: Quality Management System)の確立から、そのQMSの有効性を継続的に改善するまでの要求されている内容を記載した規格です。

 QMSに関する業務に携わる上で、ISO9001に記載されている内容を理解することは不可欠であり、本コースでは、初めて品質マネジメントシステム(QMS)の業務に携わるISO担当者だけでなく、組織全ての管理者及び内部監査員の方々を対象として、ISO9001に記載されている各箇条を、実例を交えながら1日で解説するコースです。

 本コース受講により、ISO9001の本来の意図を正しく理解していただき、自社QMSの有効活用のためにご活用ください。

2015年版のコースはこちら

 本セミナーは、学習サービス審査員評価登録センター(CLSAR)の「継続的専門能力開発(CPD)」の対象コースに認定されております。詳細は下記URLをご覧ください。(※日本規格協会外のサイトへ移動します)
詳細URL http://www.clsar.jp/cpd/cpd_list.pdf

対 象
  • トップマネジメントから一般社員などQMSに初めて携わる方全般

参 加 費
  • 一  般: ¥ 22,680 <税込> 
  • 維持会員: ¥ 20,520 <税込> 

※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。


プログラム
時間 講義内容
第1日 9:30〜12:30
ISO9001の制定,改訂の背景
プロセスモデルとは
文書化とは
QMSの特徴
(顧客重視,継続的改善,適用除外,要求事項間の関連)
12:30〜13:30 昼食
13:30〜17:30
個別要求事項の解釈
※プログラムは変更になる場合がございます。
※ISO9001:2008は2015年中に改正の予定です。
 各コース(開催日)における対応規格(2008年版/2015年版)は 規格改正動向により随時更新いたしますので、ご了承のほど、お願いいたします。